おわってしまった……

2巻についてもちょっと語りたいような気もするのだけれど、その前に3巻まで読了してしまったので、3巻の話。

今回の主役は風子嬢、2巻のまひる嬢も登場するけれど、ホントにちょい役というか目立つところはまったく無かったので……

しかし、こういう終わり方をしますか……
この作家さん独特の空気は今回も健在ではあるものの、このぶん投げっぷりは正直手放しで賞賛できないような。
2巻に記憶喪失ネタをもってくればもうちょっと違う展開もあったのではないかと思ったり。

もうちょっとキャラクタを掘り下げてもいいと思うんだけどなぁ。
それでも、安心して読めたのはこの作品のもつ独特の魅力だよなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。