調べると、続編が出た上、もうシリーズ終了してしまっているらしく、いまさらという気もするのだけれど。

久しぶりに、安心して読める恋愛モノに出会った気がする。
作品全体に流れる空気が非常によい。
最後は結構重たい話になっているのだけれど、抵抗無くすっと心に入ってくるのは、独特の透明感というか絵本みたいな雰囲気が一役買っているのだろう。

しいて挙げるなら、物語終盤に入っていくときにすこし不自然になるのが残念といえば残念。
終わり方には賛否両論あったらしいのだけれど、個人的にはアリだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。