アニメの方はあえて評価は差し控えたい作品。
原作ファンからしてみれば完全に黒歴史だろうなぁ……

で、そのシリーズの番外編短編集第三巻。
基本スタンスはラブコメなはずなのだけれど、微妙に暗い影があるといえばいいんだろうか。
その所為で、今ひとつ突き抜けられないというか。
気楽に頭空っぽにして読めない重さがある。
この人の別作品の「月の盾」も読んだのだけれどやっぱりこの人には少し重い作風があっているような気がする。
どことなく暗いものを引きずってる感じが振り払えないんだよなぁ。

文章はとても読みやすいし、構成だってしっかり出来ていると思うのだけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。