たいとるおんりー

というだけなのはちと寂しいので、感想などなど。

少なくとも、試した限り VIRTU MVP Control Panel は間違いなく糞。
親切のつもりなのか対応してるアプリを誇示したいのか知らんけど、
デフォルト設定で大量の設定があって見難い。醜い。
でもって、GUIからいらん設定をポチポチ消していくのだけれど、
消してもGUI上に変化はない。
挙句、勝手に失敗した時はデフォルトでまた大量のリストを読み込もうとする。

結局GUIでの操作は諦めて、
C:UsersLucidlogix 配下のxmlとiniファイルを手で編集して対処。
aviutlのみの綺麗なリストが完成した。
作業で一番時間がかかったのはVIRTUのリスト削除なのが悲しい。

ともあれ、QSVエンコの環境は完成。
エンコはさすがに早く、720×480の解像度で
i5-3570k でのCPU使用率7割前後、90fps 前後を叩きだす。
やっぱハードウェア使うのは早いわ。

肝心の画質は、というと。
まだまだ設定を煮詰めてないので評価はしないでおく。
デフォルトだと、かなりビットレート削られてるのでこの辺り余裕を持たせれば
いい線行くんではないかと思うのだけれど。

2013/05/01:コメントなしろじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。