随分放置していたのだけれど、最近ようやく読了。

この作者の書く話は、毒にも薬にもならないので、頭空っぽにしてぼーっと読むのが正しいスタイルなのだけれども、今回のお話は最終巻と言うこともあってシリアス風の味付けがなされている。
が、それでも内容は軽い、ひたすらに軽い。
で、軽いまま終了。

正直にいうと、コレが7巻まで続く理由が判らなかった。
なんとなく惰性で読んでしまったけれど、そんなに売り上げよかったのだろうか。

同じ作者の「乃木坂春香の秘密」はあまりにあからさま過ぎてもう読んでいないのだけれど、アレも本当に毒にも薬にもならない。
でもアニメ二期やるって話なんだよなぁ……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。