ぶっちゃけた話、あまり入れる必要性を感じていたわけではなかったのだけれど。

gio-fam-backend-2.24.1_1 をportsで最新にしようとすると gio-querymodules で固まってしまうので、なら8.1だとどうなるんかな?

と思って入れてみる事にした。
以下のコマンドをいれてしばし放置。

# freebsd-update upgrade -r 8.1-RELEASE

Fetching 31855 patches…
またこのパターンか。
こうなると、HDDの遅いkonata.netの鯖は更新に数時間のオーダーを要する。

更新後、いくつかの設定ファイルをマージ。

終了後、とりあえずリブート。
作業中に聴くBGMはkonata.netの外付けHDDに乗せてるので起動が終わるまでは無音ですごす。

アップデート後、rubyが動かなくなっているので再make。
関連のパッケージもいくつか持ってかれている感じ。
他のサーバはとりあえずは動いているようなので、これでしばらくは様子見か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。