15周年企画だそうで、一枚のイラストを元に電撃作家達がお話を書いた短編集。
短編集ってことで、ちょっとした移動の合間に一本読めたり手ごろなサイズ。
しかし、数が多いので本自体のボリュームはなかなかのもの。

各々の作家の個性が出ていて面白い。
王道あり、変化球あり。飽きさせない構成になっている。

個人的には、『シンデレラ』岩田洋季、『ラブレターズ』うえお久光、『恋愛の神様』有川浩辺りがお気に入り。
特に、シンデレラはちょっと自分の学生時代を思い出して軽く凹んだ。
それでも、一番のオススメではある。

お気に入りの作家がいたらそのために買うっていう層が居そうな本だけれど、
それでなくても十分面白いんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。