最初をチラッと読んでいきなり外伝が始まったので、すっかり読む気をなくしていたのだけれど、萎える気持ちを抑えつつ、騙し騙しなんとか読了。
本編をいいところで引きずっていただけにこういう形で別の話を持ってこられるとイラっとくる。
今までは、外伝にはSとかゼロとか別の名前つけていたじゃないかと。
タイトルだけで買っていやな感じで期待を裏切られるとどうしても好意的な目では見られないもので……

本文は相変わらず、きっちり読もうとするとかなりの時間をとられる事になる。
さすがに十数巻も読んでるとコツが掴めてくるもので、会話に重点を絞って一気に斜め読み。
決して面白くないわけではないのだけれど、凡百。
登場人物全員にスポットを当てるにはちょっと容量不足だったんじゃないかなぁ……
なんとなくだけれど、いきあたりばったり感が強いというか。
そしてなにより、15巻目通してきて、ここにこの話を挟むことに意味が感じられない。

最近の続きもんに関するネガティブな評価を凝縮させたような気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。